スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
そうかそうか
- 2007/06/03(Sun) -
そういやいってなかったけどオーディション受かりました。
結構前のことだけどねwww

んで、本番の文化祭が今週の金曜日。
体育つぶれるやんラッキーとかもうすでに思えないくらい、体がブルブルガタガタ震えてんねんけどwwww
緊張しまくりワロタ



それで、当日流すためにカラオケが必要なんだけど、ジャンヌのCDってカラオケは行ってないんですよね。
んで、今日一日探し回ってたけど見つかりませんでした。
マジどうしようかな、このままじゃ辞退するしか。
まぁなんとか考えますかね^^;









以下歌詞。興味ない人閉じてね^^↓
-souns-

友達の死に涙を落とした  あいつは僕にとっての日常だった

駆け寄る僕に気づくと君は  桜草を1輪僕に差し出した

あなたは親友ですもの  あなたに忘れられないならば・・

そういって君は  またいそいそと

スンス僕は何をすればいいのか 君のその心に響くひとつの恩返し

疲れる君に僕は  追い討ちをかけるように

仕事をひとつ  無理やり果たさせた

それでも君はうれしそうに  あなたに忘れられないならば・・・

そういったでかけってた  

君はまもとに仕事もできないまま  綺麗な桜草もかれってた

スンスごめんよぼくのせいで  君の大事は畑はボロボロだ

ある日ボロボロの 君の畑の隅に

綺麗な花が咲いてた  美しいその容姿に僕はわれを忘れた

君はやってきて僕にこういったね  その花を差し上げます

僕はなんてやつだ  ひとつも恩返しを

やらないまま君からすべてを奪った

気づいたそのとき  目の前には動かない

君の姿があった  そのとき僕はすべてに気づいた

僕が摘み取った花は  君の命だった

われを忘れて奪い取ったものは

スンス、君の命だった  涙が止まらずに

その花はなみだを受けてかれってた

ある朝目覚めると 1輪の桜草が僕に微笑みかけた

そうだこの花は君がくれたものだった 

スンス君の思いはこの僕の胸の中で ただ小さく残り続けてる

ah la lalala la ah la lalala la hyeah!!

そんな昔話  気に入ってもらえたかな・・・?

少しも丁寧な 口調はしてないね

さようならスンス やがて君の花は

大きな実をならし  世界の糧になったのさ




スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カウボーイ | メイン | 某ホペンヌ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yuuutunanitiyoubi.blog59.fc2.com/tb.php/114-4367c79c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。